- 要素と属性 -

ここではHTMLの基本知識として、要素と属性について説明します。 HTML文書を作成する際に必要な知識なので、目を通しておいて下さいね^^


■要素(element)について
要素とは、基本的に<開始タグ>〜</終了タグ>と言う形で用いられているHTMLタグの事を言います。
例に出すと<P><DIV><TABLE>等が要素です。 以下に使用頻度が高い(俺的に)と思われる要素を出してみましょう。

・要素リスト
<HTML> - HTML文書として宣言
<HEAD> - そのHTML文書のヘッダ
<META> - HTML文書の情報指定
<TITLE> - HTML文書のタイトル
<BODY> - HTML文書の表示内容
<P> - 段落指定
<DIV> - 範囲指定(ブロック要素)
<SPAN> - 範囲指定(インライン要素)
<TABLE> - テーブル(表)の作成
<FONT> - 文字の大きさ等の指定
<A> - リンク
<UL> - リストの作成



と、適当に幾つか要素の例を挙げてみました。勿論これ以外にも多数有るのですが、それについては機会が有れば説明する、という事で^^;


■ブロック要素とインライン要素
上記"要素リスト"で少し触れてますが、要素にはブロック要素インライン要素と言う物が有ります。
それについて、ここで少しだけ説明しましょう。

・ブロック要素リスト
<P>
<DIV>
<TABLE>
<H1>
<FORM>
<UL>

見出しや段落指定、表等のブロック(一つの塊)として認識される物。
ブロック要素を使用した際は、大体は前後に改行が入ります。
勿論このリスト以外にもブロック要素は多数有ります。

・インライン要素リスト
<A>
<FONT>
<BR>
<SPAN>
<IMG>
<B>
<I>

主にブロック要素の内容(文章の一部の強調等)に使用する要素です。
インライン要素を使用した場合、前後に改行は入りません。
勿論このリスト以外にもインライン要素は多数有ります。

と言う様な感じです。尚、HTMLの配置ルールとしてブロック要素の中にインライン要素はOKですが、その逆出来ません。 ただし、インライン要素の中にインライン要素は配置OKとなっています。
それと細かい話ですが、ブロック要素は正しくはブロックレベル要素です。しかし、横着な俺は、略してブロック要素と呼んでます^^;


■属性(attribute)について
属性と言うのは、要素に情報を付加する為の物です。 まぁ簡単に説明すると「テーブルの大きさや文字色変えたりする時は、これ使いますよ」と、そんな感じです。以下に幾つか例を出します。

・属性リスト
size
color
width
height
align
href
target
name
type
alt
style (汎用属性)
class (汎用属性)
id (汎用属性)
title (汎用属性)

属性は要素に因って使用出来る物、出来ない物が有ります。
汎用属性は殆どの要素で使用出来る属性の事です。

因みに属性は、ほぼ確実に値とセットになってます。 例えば上記例のsizeだと、大抵はsize="5"と言う感じに値の指定をします。 colorならばcolor="#ff0000"みたいな感じですね。
尚、値は「"(半角ダブルクォーテーション)」「'(半角シングルクォーテーション)」で囲んで指定する様にしましょう。 省略は可能なのですが、後々の事を考えて念の為、です^^;

BACK< HTML講座目次 >NEXT